京葉銀行で資産運用できる

京葉銀行の資産運用商品の紹介

京葉銀行の元金分割受取型定期

京葉銀行の個性的な預金商品の一つに元金分割受取型定期預金というものがあります。この商品は元金の半分を分割で引き出し、残りの半分を5年間定期預金で運用するというユニークなものです。満期日は5年一択ですが、5年間運用できるのは預金の半分だけです。そのかわり半年複利の有利な利息で資金を運用することができます。半年複利とは半年ごとに利息を元金に組み込んで、新たな利息計算をおこなうことです。

高金利で長期間資金を運用したいけれど、万が一の時のために自由に資金を引き出せるようにしておきたい、そんな人は少なくありません。実際そういったニーズを満たすために、据置期間のあとで全額もしくは一部の預金を引き出せるようになる商品が増えています。しかしそういった商品は預入期間が短かったり、金利が低かったりするのです。元金分割受取型定期預金は資金を分けて別々の方法で運用することで、そういうデメリットを解消しています。

とはいえ利用にあたっては充分に商品の特徴を考慮する必要があります。たとえば預金を半分に分けて運用するため、預入金額が少ないとメリットが少なくなってしまうのです。そのためこの商品は最低預入金額が300万円となっています。資金の半分は順次分割で引き出されていくので、利息を計算する際は資金を半分に分けて計算したほうが間違いが少なくてすみます。

少々実験的なこの商品は、預入金額のハードルが高くメリットが分かりにくいこともあって扱う金融機関がまだまだ少ない商品です。しかし貯め込んだ預金を普通預金で眠らせている人もかなり多く、そんな場合は外貨預金や投資信託などの投資取引と違って手数料がかからず、預金保険制度対象でもあるこういった商品がオススメです。

●預金保険制度について・・・http://www.fsa.go.jp/policy/payoff/