京葉銀行で資産運用できる

京葉銀行の資産運用商品の紹介

京葉銀行のシニア向け商品

京葉銀行のような地方銀行は、ネット銀行などと比べるとシニア向けの商品が充実している傾向にあります。というのも地方に拠点を置く地方銀行は中高年の利用率が高く、なおかつメインバンクにしている割合が高いのです。そのため京葉銀行では退職金専用定期預金や年金受取すると金利上乗せになる定期預金などを扱っています。

退職金専用定期預金は退職金のみ運用することができる定期預金で、通常よりも遥かに高い特別金利で運用できます。そのためとても人気がありますが、非常に高金利なため特別金利期間は最初の3ヶ月のみとなります。こうした商品は多くの金融機関で扱っていますが、金利に細かい違いがあっても3ヶ月ものという部分だけは共通しています。退職金専用定期預金を特別金利で運用したあと、自動継続せずに他行で運用するのを禁じている銀行もあります。

このようにシニア向け商品というと預金商品が多いのですが、実際は預金ばかりでなく投資することで資産を増やす人も少なくありません。金銭的にも時間的にも余裕がある中高年は、良好な投資環境の中にいると言っても過言ではないのです。実際に銀行員が投資信託や債券の購入を勧めるのは中高年層が多いです。支店や窓口に足を運ぶ人も多いため、資産運用についての相談を専門とする施設を設置し、セミナーなどを開く銀行もあります。

しかし逆に住宅ローンやビジネスローンといった融資を受けるハードルが上がってしまう年代でもあるため、最近ではシニア向けのローンや支援サービスを展開している銀行もあります。融資金額が抑えられたり、金融に関する情報が行き届かない人が多いのです。中高年ともなると法人として銀行を利用している人も多く、事業関連の相談も多いです。