京葉銀行で資産運用できる

京葉銀行の資産運用商品の紹介

京葉銀行の確定拠出年金

確定拠出年金制度とは、年金を自己責任で運用する新しい年金のカタチです。日本では元々公的年金制度を導入していましたが、少子高齢化の影響もあって年金制度が危うくなりつつあるため、個人や企業が年金を拠出する年金が増えつつあるのです。京葉銀行のような地方銀行が扱う確定拠出年金は、個人型といって自分で年金を積み立てて運用していくというものです。

確定拠出年金サービスの加入にはいくつか条件があるものの、厚生年金などがなくても公的年金に上乗せする年金を運用できるというメリットがあります。運用成果が良ければ受け取る年金が増えるため、将来の不安を自力で軽減することができるのです。もっとも運用商品の選択も運用成果も全て自己責任なので、失敗すれば将来受け取る年金が減るばかりか、拠出した資金も無駄になるというリスクがあります。

京葉銀行はそんな個人型確定拠出年金を扱う金融機関の一つですが、その認知度はまだまだ低いと言わざるをえません。将来の国民年金が不安でも自力で確定拠出年金を利用する人はまだ少ないのです。制度そのものの認知度が低い以外に、運用リスクがあるというデメリットも影響しています。もっとも確定拠出年金の運用商品は投資や株式だけではなく、預金も含まれます。

京葉銀行では確定拠出年金専用定期預金で個人確定拠出年金の運用がおこなえます。預金残高に応じて金利が上がる仕組みで、当然普通預金よりも高い金利での運用となるのでオススメです。ただし通常の定期預金とは目的などが異なるため、最初はコールセンターなどを利用して情報を集めましょう。すでに積立定期預金などを利用している場合、その積立金と確定拠出年金のための拠出金をうまく両立させる必要もあるため、計画的な利用が必須です。

●確定拠出年金制度について・・・http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/